tool 便利ツール

あらゆる企業で活用できる「利用シーン別 クラウドツール46選」

2022/08/02 Tuesday
この記事をシェア:

業務の整理や可視化など、日々の仕事をより効率的に行うために企業ではさまざまなツールが利用されています。特に、インターネット環境さえあれば場所や端末を選ばずに利用できる「クラウドツール」は、その手軽さやコスト面から利用している企業も多いでしょう。

本メディア『Alternative Work』を運営している株式会社キャスターでも、さまざまなクラウドツールを活用しています。キャスターは創業(2014年)からフルリモート経営をしているため当初からクラウドツールとの親和性が高かったというのもありますが、リモートワーク導入の有無にかかわらず、今やあらゆる企業においてクラウドツールは事業を推進する上で欠かせない存在です。

今回は、キャスターが利用している主なクラウドツールを公開し、それぞれの使用目的や役割について紹介します。

目次

リモートワーク企業が活用するクラウドツール46選

こちらが、キャスターで使っている主なクラウドツールです。

ここに挙げているだけでも46のツールがありますが、実はこれらはほんの一部。常に新しいサービスや機能がリリースされるので、それらを日々試しながら自社に合ったものを取捨選択し続けています。過去のクラウドツール導入履歴を確認したところ、この2,3年で社内で導入したクラウドツールは数百にのぼります。

とはいえ、ツールは使うことが目的ではなく、使い方が重要です。

ここからは、それぞれのツールをどのように活用しているのか、目的や利用シーンごとに分類して紹介します。(※1つで複数の利用方法があるツールはまとめて記載しています)

日々の業務で活用できるツール

以下は、多くのビジネスパーソンが日常的に活用できるツールです。

チャット

Slack
ビジネス用のチャットツール。部署やトピックごとにチャンネルを作って会話(チャット)をすることが可能。フルリモート経営のキャスターでは、雑談を含む業務で必要なやりとりはすべてSlack上で行います。

会議・社内イベント

Zoom
世界No.1のシェアを誇るWeb会議ツール。無料ライセンスでも100人まで参加することが可能。画面共有や録画もできます。

Google Meet
Google社が提供するWeb会議ツール。Zoom同様、画面共有や録画が可能。Googleカレンダーとの連携が容易で、カレンダーに予定を入れて招待すれば、届いたGmail内のボタン1つで会議に参加できます。

SpatialChat
「距離」の概念を取り入れた新感覚のビデオチャットツール。2次元の仮想空間に参加者のアイコンが表示され、会話したい場合は現実のオフィスにいる時のように自分から相手に近づいていくという能動的なアクションが必要になる点が特徴。

Gather
バーチャルオフィスを作成できるコミュニケーションツール。ゲームのように自分のアバターを操作し、個室や会議室、カフェテリアへ行って他ユーザーに話しかけることで、ビデオチャットやディスカッションができます。

Snap Camera
Web会議でバーチャル背景の設定や画像を加工できるツール。自分の顔にメイク加工ができたり、キャラクターになって会議に出ることもできます。さまざまなWeb会議ツールと連携できるのも便利。

セキュリティ管理

LastPass
パスワードを一括管理できるツール。パスワードと個人情報を暗号化して保管し、ID/パスワードを記憶させるとログインの際に自動入力してくれます。パスワードを知らせることなく複数人と共有することが可能で、情報流出などを防ぐことができます。

議事録

Notion
あらゆるワークフローを一元管理できるツール。ドキュメント作成で議事録や社内Wikiとして活用したり、プロジェクト管理やタスク管理、データ管理としての利用も可能です。

esa
情報共有やドキュメント管理ができるツール。議事録の作成や保管などで活用できます。

スケジュール管理

Google Calendar
Google社が提供するスケジュール管理ツール。自分の予定管理はもちろん、他のメンバーとのスケジュール共有、スケジュール設定も簡単にできます。

名刺管理

myBridge
名刺管理ツール。名刺を撮影するだけで情報がデータ化され、管理することが可能。無料アカウントでも登録枚数の上限がないことが定評。

交通

スマートEX、EX予約
東海道・山陽・九州新幹線の指定席を予約できるサービス。スマホやパソコンから簡単に予約でき、何度変更しても手数料は無料。スマートEXは年会費が無料、EX予約は年会費1,100円でお得な会員価格での予約が可能。

えきねっと
東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の新幹線の指定席をお得に買える予約サービス。新幹線チケットの予約の他に、列車と宿を一括で申し込んだり、駅レンタカーの予約も可能。

業務の効率化のために活用できるツール

以下は、業務の改善・効率化に活用できるツールです。

日程調整

biskett
日程調整サービス。Googleカレンダーと連携し、簡単に日程を調整できます。URLを開くたびに最新のカレンダーの日程候補を提示してくれるので、予定が重複することがありません。

タスク管理

Trello
タスクを視覚的に管理できるツール。タスクカードを動かしながら直観的に操作ができます。Slackなどの外部ツールとの連携も可能。

asana
タスクやプロジェクトを一元管理できるツール。スケジュールやプロセス、タスク状況などを関係者全員で共有・確認することができます。

Backlog
タスクやプロジェクトの管理ツール。開発・マーケティング・人事・総務などさまざまな職種で全体の進捗や個別のタスク状況を見える化できます。

マニュアル

Googleサイト
Google社が提供するウェブサイト作成ツール。テンプレートが豊富で、専門的な知識がなくても簡単にサイトを作成でき、マニュアル作成などにも活用できます。

Backlog
タスクやプロジェクト管理ツールとしても使えますが、プロジェクトごとにWikiページを作成できるため、業務マニュアルとしても活用できます。

ホワイトボード

Miro
ホワイトボードサービス。壁に付箋を貼るような感覚で、画面上でチームで共同作業をすることが可能。付箋の移動や修正など直感的に操作ができ、いつでもオンラインで見返せる点も魅力的。

自動化

Zapier
タスク自動化ツール。複雑なプログラミングコードなしに、異なるアプリやWebサービスを連携して日々の作業を自動化することが可能。手間やミスの軽減に繋がります。

文字起こし

Notta
文字起こしサービス。議事録やインタビューの文字起こしなどに活用できます。1時間の音声データであれば、5分程度で文字に書き起こすことが可能。ZoomやGoogle Meetと連携させ、話者を分けた文字起こしもできます。

営業・マーケティングなどで活用できるツール

以下は、営業やマーケティングなどにおいて活用できるツールです。

ウェビナー

Zoom
Web会議の他、ウェビナーでもよく使われます。ウェビナー中に登壇者のみを映し、視聴者に名前や顔などの個人情報を公開せずに参加してもらうこともできます。複数人の登壇者によるパネルセッションも可能。

資料公開

Speaker Deck
PDFをアップロードするだけで、簡単にオンライン上にスライドを共有できるツール。ホワイトペーパーなどの資料公開に活用できます。

デザイン

Figma
Webデザインツール。UIデザインやワイヤーフレームなどを簡単に作成できます。複数のメンバーで共同編集することができ、相談しながら制作物を仕上げられます。

Canva
グラフィックデザインツール。豊富なテンプレートやフォント、フリー素材を使って、SNSの投稿、ロゴ、ポスター、スライドなどをパワーポイントを使う感覚で簡単に作ることができます。

マーケティング自動化

Hubspot
マーケティング・営業・カスタマーサービス業務のあらゆる機能が一元化されたツール。顧客情報を管理し、メールの自動化など反復的なフローを自動化・効率化することも可能。

人事・経理・労務などバックオフィスで活用できるツール

以下は、人事・経理・労務をはじめとするバックオフィス業務において活用できるツールです。

見積・契約・請求書

クラウドサイン
契約締結をオンラインで完結させる電子契約サービス。電子署名法に準拠し、官公庁や金融機関も利用しているのでセキュリティ面でも安心です。

請求管理ロボ
請求・集金・消込・催促などの作業を自動化できるサービス。毎月自動で請求書の発行・送付(メール・郵送)を行えます。これまで手作業で行っていた時間の削減、送り忘れなどのミスを防止できます。

Hubble
契約書をオンラインで管理できるサービス。契約書の作成・編集・締結などのフローがすべて記録され、一元管理が可能。契約書の文面から自動で契約台帳を作成したり、契約期限のタイミングで通知を受け取ることもできます。

経理

freee
オンライン会計ソフト。稟議申請や支払依頼申請、決算書作成などあらゆる経理業務を行えます。承認も全てオンラインで完結することが可能。

採用

HERP Hire
採用管理システム。複数の求人媒体からの応募情報を自動で取り込み、一元管理することが可能。SlackやChatworkとの連携で現場メンバーへの情報共有もしやすく、全社で採用に取り組みやすい設計になっています。

PORTERS
人材紹介会社・人材派遣会社に特化した採用管理ツール。求人管理や求職者と求人のマッチングなど人材業務に必要なあらゆる機能が利用できます。

ASHIATO
採用時のリファレンスチェックサービス。候補者の現職や前職の上司や同僚からのレビューで、過去の活躍ぶりを可視化することが可能。

スカウター
採用時に活用できるツール。適正検査によって、採用時に人材の不適性な傾向を予測することが可能。

Skett
採用担当者向けの日程調整サービス。Googleカレンダーと連携し、面接・面談の日程を簡単に調整することが可能。複数名の面接官を同時にアサインすることもでき、リマインド機能なども充実。

人事・労務

KING OF TIME
勤怠管理システム。打刻データをリアルタイムに管理することが可能。各社の就業ルールに合わせて残業や有給休暇の管理設定ができます。

人事評価ナビゲーター
人事評価システム。評価表の提出や進捗確認、データ集計、資料作成など、人事評価に関わるあらゆる作業を効率化できます。

SmartHR
人事・労務の業務効率化ができるマルチツール。入社手続きや年末調整などの労務手続きをペーパーレス化し、データとして蓄積できます。勤怠や給与計算システムと連携し、さまざまなデータの一元管理も可能。

HRMOS勤怠(旧IEYASU)
勤怠管理システム。無料アカウントでも、人数制限なく勤怠管理に必要な機能を広く利用(データの保存期間は1年)することが可能。

Bizer
総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるサービス。困ったことがあれば、税理士・社会保険労務士・弁理士・行政書士の専門家に相談したり、代行依頼をすることも可能。

反社チェック

RiskAnalyze
反社チェック・コンプライアンスチェックを行えるツール。信頼性の高い公知情報を用いて、反社会的勢力との繋がりや、犯罪や不祥事への関与などがないかを簡単に素早くチェックできます。

電話・FAX

CallConnect
ブラウザ電話システム。回線工事や設置作業なしに、インターネットとパソコン、ヘッドセットのみで電話機能の利用が可能。コールセンターやインサイドセールスに活用できます。

MiiTel
IP電話・録音・文字起こし・音声解析を1つでできるスマート電話。架電成果を可視化したり、電話内容の入力作業や共有を効率化できます。

以上、あらゆる企業で活用できるクラウドツールをご紹介しました。

今回は46のツールを紹介しましたが、これはキャスターが使用しているほんの一部で、これからも使用するツールの取捨選択は続きます。
種類も数も多く、日々アップデートされていくので着いていくのは大変ですが、冒頭でも触れた通りツールは「目的」ではなく「手段」
試行錯誤しながらも「何を目的に、どう使うか」を適切に判断し、利用シーンに合わせたツール活用で業務効率をアップさせていきましょう。

この記事をシェア:

片桐 みまMIMA KATAGIRI

Alternative Workの編集者兼ライター。広告業界で営業、企画職、新規事業の立ち上げに従事した後、Alternative Workに立ち上げから参画。フルリモートで働きながら子育て中。

メールマガジン

メールマガジン
リモートワークや新しい働き方がわかる、
仕事のヒントが見つかる情報をお届けしています。